タグ別アーカイブ: 本質を見誤らせる

本質を見誤らせるとイエスを引き出せる

心理学のハロー効果はご存知でしょうか。

イケメンやかわいい子は、異性からチヤホヤされてモテモテです。

それは、外見の良さが見る者の官能を刺激し快感をもたらすからに他なりません。イケメンやかわいい子は外見だけでなく中身までもが外見と同じく高い評価を受けてしまうものです。これがハロー効果のもたらす効力というものになります。

かっこいい外見の人は、爽やかで性格のいい人に思われます。かわいい外見の子は優しくて清らかな心の持ち主に映ります。

本当はひねくれた意地悪な性格でもそうは見られないものです。

このように、イケメンやかわいい子は世渡りをするうえでなんて言ったっておとくなわけです。もちろん、ハロー効果がはたらくのは外見ばかりとは限りません。

学歴、経歴、資格、地位、能力、知名度などなど優れた能力があれば他の部分でも優秀であるかのようにみなされるものです。

「英語のうまい人は国際感覚もある」「東大出身の人は頭がいい」「大企業に勤める人は真面目な人が多い」などなど。

もちろん、ネガティブに働く場合もありますので注意が必要です。「太っている人は自己管理能力がない」なんかはよく思われることでしょう。

いずれにしても、偏見や先入観がはたらいて、本質を見誤ってしまうのがハロー効果なのです。人だけでなく、車や家、鞄なんかの物でも効果があります。

Aさん「この物件は新築同然です。実際は築50年の物件でしたが、リノベーションし耐震補強をほどこし完成させた自信作です。」

Bさん「すごいですね。この出来で新築の半額で物件が買えるなんて!!これに決めます。」

実は、この物件は路地が狭く再建築不可能物件なのですが、表面上をリフォームすることによって簡単に売れたりするわけです。「新築同然」「耐震補強済み」ということを前面に出して、再建築不可能を後ろに隠し本質を見誤らせているということです。