タグ別アーカイブ: 心理

実は○○と自己開示するモテテクニック

前の記事から説明してますとおり、親密化過程で、最も親密な関係になるレベル(第5段階)は自己開示することです。自己開示とは、その名の通り自分のありのままの状態を相手に開示することです。(感情や考え方、経験など)

自分の胸の内を開示するわけですから、親しくならないと深い内容にはなりませんよね。また、自己開示された方は信頼されたからこそ話してくれたんだと思いますから、返報性の原理により相手も同じように自己開示してくれます。この自己開示というものは相手と親密になる過程では欠かせないものです。自己開示しない人は相手とのコミュニケーションもある程度までしかうまくいきません。

はじめは、趣味などの話から入ってだんだんと深い話にうつっていきます。まー、知り合ってすぐの人に深い話をしたらドン引きですからね(笑)お互いコミュニケーションをしていくうちに仲良くなり段階が必要ですから。お互い自己開示をしていけたら情報が共有化され仲もどんどん深まっていきます。

ここで、自己開示を行う上で注意点があります。

・自慢はしない
(正直うっとうしいです(笑))

・自己顕示はしない
(正直うっとうしいです(笑))
※自己顕示とは、自分の存在を必要以上に他人に目立つようにすることです。

自己開示する場合は、自分の失敗談やネタになりそうなことから入った方が相手の共感も誘いやすいです。
「実は、私も同じような失敗があるんだよね~」みたいな感じで言うと、相手からの自己開示も期待できるかもしれません。

もうひとつ注意点
自己開示に偽装して、自分にとって都合のいい印象を与えてくる人もいますので騙されないように注意しなければなりません。心理学では、自己呈示や印象操作といいます。
※すべての自己呈示が悪いわけではありませんが、悪用してものを売ろうとする人なんかもいます。
(自分はすごい稼いでて実績があるから、このノウハウはおすすめです的なやつです。)

サイトタイトルにも書いてますように悪用はしないでくださいね(笑)