タグ別アーカイブ: 希少価値

希少価値を強調してイエスと言わせる

今回は、希少価値を活用した心理テクニックについてです。

人って、希少価値ってとっても大好きです。(こういう私も、希少価値のあるもの大好きです。)

スーパーの店頭で「奥さん、このスイカすごくおいしいのに、3個も残ちゃってるんだよ。買ってってよ」などと言われても、まー聞き流してしまうでしょう。

※希少価値がなくなんか残り物売りつけようとしてるんじゃないですかと思いますからね。

 

しかし、「奥さん、このスイカ評判良くて、あと3個限りだよ」などと言われるとこの際買っておこうかなとなります。

※希少価値を出して限定品をアピール。
限定されたり、希少価値をアピールされると、注目度が増し心が揺れ動かされます。

街を歩いているときに突然「ただいまから1時間限り!!!普段1万円の商品がすべて半額になります。見てってね!!!」などと呼びかけられると、ついつい引き寄せられたりしてしまいます。

今買わないと、すごく損をしたような気持ちにさせられるからですね。衝動買いをしてもらうのにうってつけのセールストークです。このチャンスを逃したくないという心理をついているから気になってしかたがないのです。

 

心理学で希少価値効果なんて言ったりする現象です。相手を説得するときにもよく使われます。「これはあなたしかできないから」「君だから頼めるんだよ」

「あなたしか」という希少性を持ち出されると、高く評価されていると錯覚し、ついついイエスと言ってしますのです。

 

「行動力のあるきみだから」「あなただけが頼り」「前回やったことのあるあなただから」
その人に当てはまる、希少価値をさがしだし、口説き文句の中に入れておくと、どんどん仕事が押しつけられるのでとても便利です(笑)悪用厳禁

 

誰だっておだてられると悪い気持にはなりませんからね。
今回は、希少価値を利用したテクニックを書きましたが普段使いでかなり使用できるのでお勧めです。

 

【※希少価値の言葉の使い方について聞かれたので書いときます】

聞かれたことが、「希少価値の高いって言う表現はおかしくないですか?希少価値ではなく付加価値では?」と聞かれたのですが別におかしくないです。
希少価値については、「希少価値が低い・希少価値が高い」などと言ったりします。

 

希少価値は「少なくてめずらしい為に生じる価値」です。希少価値の中でも差がありますので「低・中・高」のように段階があります。

 

もっとも、希少価値が低いということは「何にも珍しくないので、珍しいがための価値はないですよ」と言う意味で、そもそもの価値については含まれていないのですね。

 

例えば、

スイカの相場
1000円

珍しいスイカ→希少価値あり
100万円

珍しいスイカ(いっぱい出回った場合)→普通のスイカより価値はあるが希少価値はない
1万円

 

なんか、希少価値に関しての国語の授業みたいになりましたが(笑)希少価値の心理テクニックはマスターしてください。