タグ別アーカイブ: 交渉

交渉を有利に進めるにはホームで行うべし

サッカーや野球等で試合を行うスタジアムが「ホーム」か「アウェイ」がとても気になることがあります。

試合を行うチームにとって、そのスタジアムが自分の本拠地内にある場合は「ホーム」、相手方の本拠地内にある場合は「アウェイ」という位置づけというのは知っていると思います。

ホームで試合を行う場合のほうが、有利とされているのは施設や環境になれていて、移動しなくてもいい、また応援してくれるファンの人が多いといったことが挙げられるでしょう。

選手にとっては、肉体的にも精神的にもゆとりができるというメリットがあるからホームで戦う方がいいと思われています。

では、一般の交渉の場合はと言うと、やはり「ホーム」「アウェイ」はあるものです。自社の応接室や会議室を使っての交渉ならホームですが、相手方の会社だとアウェイということになります。相手先だと色々気を使ってしまいますからね。

主導権をにぎり、交渉を少しでも有利に進めたいならホームを使うのが効率的でしょう。ここで、ホームでもアウェイでもない場所で交渉を行わなければならなくなったときはどうするか!

ホームでもアウェイでもない場合は、その場所を自分の有利なホームに変えてしまえばいいのです。交渉する場所に相手方より早く到着し施設をくまなく点検しておくのです。交渉する場所はどのような場所なのかということを把握するためにです。

どんな建物なのか、机の位置は、喫茶店なのか会議室なのか、レストランなのかなどなど。広さはどれぐらい、空調はどうなのか、音楽は、トイレの位置、出口入口、メニューの内容はなどもです。相手より情報を多く入手しておきましょう。

二つ目に、そこの従業員と会話をして仲良くなって置くことです。お店の事やおすすめなど聞いておきます。

このように、準備しておけば交渉相手が来るころには常連のように振る舞い案内することができます。相手は無言のプレッシャーを感じ、他人の家に上がるような気分になるということです。