タグ別アーカイブ: ホウレンソウ

ホウレンソウをしない仕事のできる部下を更生させる

仕事で実績を上げている部下は、上司をなめてかかっているものです。
俺のおかげで、上司の面目も立っているという思いが部下にはあるからです。
この様な部下は、昔上司が大して実績も上げていなかったなどと知ると、
さらに上司をみくびり馬鹿にしてくるでしょう。

上司が無能だと、部下は上司にホウレンソウをしなくなります。
無能な上司からの、意味不明な指示や命令を受けると時間も無駄だし、
やる気までも無くなってしまうと考えているからです。

これは、実際にはその通りで、心理学では「アンダーマイニング効果」と呼ばれる現象です。
勉強のできる子に、周囲があれこれ勉強の仕方を細かく指示するとやる気が無くなることや、
テストで100点取るたびにおこずかいをあげると、好きで勉強していたのに
おこずかいが目的となり、かえって意欲が無くなっていくことが該当します。

しかし、部下がホウレンソウをしてくれないと上司としては困ります。
かといって、無理やりやらせると更にやる気をなくしてしまうでしょう。
こんな場合には「アンダーマイニング効果」の逆バージョン
「エンハンシング効果」を使うとよいのです。

上司「鈴木君。優秀な成績を上げてくれてありがとう。今回も難しい交渉だったと思う。
   さすがだよ。ところで、どんな方法でアプローチして契約までもっていけたのかな?
   その辺の、秘訣や苦労話を聞かせてくれないだろうか。」
部下「えっ?秘訣?そりゃいっぱいありますよ。」

上司「じゃあぜひ聞かせてよ。私の勉強のためにもいろいろ教えてくれないかな。」
部下「いいですよ。何処から説明したらいいかな。ええっと‥‥」

この様に、上司が教えてという形をとってやると、部下は自尊心をくすぐられて、
自分の方からしゃべりたがります。「エンハンシング効果」とは、もともとやる気
のある人には、外部の称賛が一番効果があるということなのです。