言い方で100%効果が変わる!!イエスと言わせる心理手法

物事の使える場合、言い方でイメージは驚くほど変わります

「受験に失敗する確率は20%です」と言われるより「受験に成功する確率は80%あります」と言われた方が受験する方向への説得力がまします。

「タウリン1000ミリグラム配合」の栄養剤はすごく効きそうですが、「タウリン1g」ではなんか効くのかなと思うのも同じことです。

「世界がもし100人の村だったらアジア人は57%」と言われると分かりやすいです。心理学では、このように枠組みを変えて相手の心理を誘導する「フレーミング効果」が知られています。

相手の思考の枠組みを変えてあげれるかで勝負が決まります。

Aさん「やっぱり私起業しようと思います。いま、20代だからこそできることをやりたいんだよ。ネットの世界では、早く起業しないと情報が古くなって意味が無いんです。」

Bさん「せっかく大企業に勤めているのにもったいない。20代で起業した人の99.9%の人が失敗しているデータがあるよ。失敗すると無職になるか、非正規雇用しかないよ。」

Aさんは、Bさんの言葉を言われると考え直すかもしれません。しかし、次のようにCさんに言われるとやはり独立起業へと突っ走るかもしれません。

 

Cさん「私たちが失敗するなんて誰が予測できる?1000人に1人しか成功できないなんて統計データどこにもないよ。そもそも統計データの取り方によっても数値は大きく変わってくるし。

大企業のサラリーマンだからって安心できない時代だしね。将来中高年になってリストラされたらつぶしも利かないし、余計大変だと思うんだけど。若いうちから自分の力で稼げるようになるのが一番リスクが低いと思うんだけど。ジョブズも「馬鹿になれ」、「貪欲になれ」って言ってただろ。」

マイナス思考の人にはポジティブ思考をぶつけてあげると思考の仕方が変わってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">