好きな人に好きになってもらいたい 禁止することで注意をひく方法

人って好奇心のかたまりなんですよね。この箱の中身絶対「見ちゃだめ」だよなんて言われた日には、中身が見たくて見たくてしかたなくなります。「やっちゃだめ」と言われたら反発して余計にやりたくなるのが人間です。他人から「やらない方がいいですよ」と言われれば無性にやりたくなる心理は、「カリギュラ効果」と言います。カリギュラの由来は、ローマ皇帝「カリギュラ」の映画の上映が内容が残酷すぎるので見てはいけませんとして、ボストン市で禁止されたことによります。禁止されたことにより、ボストン市民は見たくて見たくて仕方がなくなり、隣の市まで見に行ったそうです。禁止されたことにより余計に人気が出てこのような結果になりました。きっと、次のような言葉をかけられた人も同じように気になることでしょう。

男「田中さん。ここだけの話だけど、君のためを思っていいことを教えておくね。」
女「???何なの???私のため?」

男「同じクラスの鈴木って知ってる?あいつ君のことが好きなんだよ。あの男、真面目そうに見えるんだけど実際は相当の遊び人なんだよ。だから、告白されても付き合ってはいけないよ。残念な結果になるからね。真面目だったらよかったんだけどね。」

こんなことを言われると、今まで興味がなかった鈴木君のことが気になって仕方が無くなります。
見た目は真面目だけど、相当の遊び人!などど聞いた日には一回遊ばれてみたいという誘惑さえ出てきます。告白された場合、付き合ってはいけないと禁止されることがすごくうっとうしくなります。付き合うかどうかは自分で決めることですから。

誰かに、「好き」と言われたら悪い気はしないものです。
※フラれたのにしつこく絡むとうっとうしく思う場合が多いです。

で、このような興味がわいた状態で、声をかけられデートに誘われるとどうでしょう。一回いっちゃおうかなとなるのです。好きな人がいる場合は、事前にクラスメイトや職場の同僚に頼み込み、一芝居うってもらうといいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">