価値観を共有して安心感を与えるモテテクニック

過去記事の親密化過程の第三段階にて説明しましたように、人は相手と出身地や好きな食べ物、趣味などが一緒の場合、嬉しくなって一気に打ち解けます。似た者通しは仲間だと認識するからです。

共通項類似性の原理なんて呼ばれていますが、相手に自分と似ている部分を見せることにより、自分と価値観が同じだと感じるようになります。一気に安心し、親しみを覚えるからです。

好きな食べ物が一緒、好きな音楽が一緒、学生時代の部活が一緒、好きなお笑い芸人、兄弟の数、誕生月など‥‥‥‥なんでもいいので共通する類似点は多ければ多い方が効果は高いです。ですので、意中の狙っている子がいるのであれば、相手との共通点や同類事項を多く持つことが大切です。相手にどんどん質問していろいろ聞き出しましょう。


男「休みの日はなにして遊んでるの?」
女「旅行行ったり、飲みに行ったりしてるよ。あと服を買いに行ったりとか。」
男「旅行よく行くんだ。僕も海外旅行とかよくするよ。いけない時は飲みに行ったりしてるかな~。」

こんな感じで、共通点を探して自分もよくするよって言ってあげることが大切です。
間違っても、「旅行も飲みにも全然行きません」なんて言ってはダメですよ。会話が盛り上がらずあんまり合わない人と思われてしまいますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">