気弱な部下をフォローする方法

仕事でミスが多く、成績もさえない部下をもつとうんざりさせられます。
そんな部下は、負い目もあるのか態度も自身がなさげであり元気がありません。

「おはよう」と声をかけても消えそうな声で「おはようご‥‥」と挨拶するしまつ。
「もっと元気に挨拶しないと駄目じゃないか」と言いたいところですが逆効果になります。

余計に落ち込み、出社拒否にでもなったらパワハラだの何だので問題になりかねませんし。
上司の役割としては、部下のやる気を出させて仕事でいい成績を残させることです。
追い込んで、出社拒否でもさせたら失格です。

人がやる気をなくしたり、自信をなくすのは、自分が必要ない、評価されないという
ケースが一番多いのです。自己肯定感が低くなるので、すべての面で及び腰になるのです。
期待を込めて、丁寧なフォローをすることにより効果が出てきます。
心理学的には「ピグマリオン効果」というものがあります。

ギプロス島の王ピグマリオンが、象牙で作った乙女像に期待を込めて願っていたら
人間になったというギリシャ神話にちなんでつけられた効果です。
期待を込めて願っていたがポイントですね。

フォローは
「きみは仕事が丁寧でいいね
「慎重で手堅いのがきみの長所だよ」」

のような感じで、期待を込めていればやがて実を結ぶというわけです。
周囲の関心が、労働者の生産性向上に関係する「ホーソン効果」もはたらくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">